静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

梅雨までに対応すべき雨漏りの修理|原因はどこにある?原因探求のプロが根治します!

梅雨までに対応すべき雨漏りの修理|原因はどこにある?原因探求のプロが根治します!

静岡市、島田市の皆様こんにちは。

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理の専門店、

株式会社あおば工房、プロタイムズ静岡葵店・プロタイムズ島田店

代表取締役の後藤です。

雨漏りは建物に確実な形でダメージを与えていきます。もし問題が表面化している場合は、早急に対処することをおすすめします。ただし、DIYで対処することは「被害を悪化させる可能性がある」ので、できれば専門業者に依頼するようにしましょう。

今回のお役立ちコラムでは「雨漏りのプロによるトラブル根治方法」についてご紹介します。

問い合わせフォームアイコン

梅雨までに雨漏りは修理しよう

梅雨までに雨漏りは修理しよう

春の暖かい時期、まだ問題が表面化しませんが「雨漏り」の可能性がある場所はメンテナンス時に確認できます。もしこの時期にメンテナンスをしているのであれば、担当者から「雨漏りの可能性」を指摘されるはずです。

まずは雨漏りが起きる原理から考えていきましょう。

雨漏りが起きる原理

雨漏りは「建物のダメージ」が原因で発生します。目にみえる亀裂や穴であれば、問題の重大さが一目でわかります。しかし、多くの場合「判断しづらい箇所」が雨漏りの原因になることがほとんどです。

例えば、普段目にすることのない「屋根」が原因となる場合、または「些細な壁のクラック」も原因になる可能性があります。他にも「継ぎ目の劣化」なんてものも存在します。

これらは雨漏りの原因として比較的わかりやすい部分です。しかし、見た目からはわからない場所からの雨漏りというものも存在します。

雨漏りによる被害

発見しづらい雨漏り原因の一例が「ベランダの水たまり」です。ベランダは通常「水捌けが良い」場所でなければなりません。樋に向けて軽い傾斜がつけられているため、水たまりが発生するはずがないのです。

それなのに水たまりがあるということは、傾斜の途中でベランダの塗装が浮いてしまっていたり、樋の中にゴミが詰まってしまっていることを表しています。

そして、重大な問題なのは「塗装の浮き」です。塗装が浮くということは、そこに浸水していることを表します。塗装の下を通った水は、建物の構造躯体へと水を運んでしまうため、気づいた時には大きな問題に発展してしまうことさえあるのです。

問い合わせフォームアイコン

悪化するとどうなる?

構造躯体にまで入り込んだ雨水は、木造建築の柱部分を腐食させます。建物を保持している柱が1本でも腐れば、弱くなった部分にかかっていた重量が他の柱にのしかかることとなり、強度計算で設定されている以上の重さを負担しなければなりません。

つまり、許容量以上の重さがかかってしまうということです。この状況が続けば、柱の耐用年数が著しく削られてしまい、最悪の場合「倒壊」の可能性さえ出てくるわけです。

通常は、倒壊するよりも前にあらゆる部分に問題が発生するため、最悪な状況になる前に修繕できますが、もし定住しているわけではない別荘の場合はどうでしょう。劣化に気づかず、次に訪れたときに建物が倒壊していたなんて事態も考えられるのです。

定住している建物であれば、腐った柱はシロアリの温床となり、カビの発生源となってしまうでしょう。これらの問題が発生すると、リフォームだけでは対応できずに建て替えなければならない可能性すら出てきます。

RC造の建物でも、染み込んだ雨水がコンクリート内にある鉄筋を劣化させます。十分な強度が保てなくなった場合、骨がダメになったRC造は非常に脆いです。それこそ、ちょっとした地震で倒壊の恐れがあります。

雨漏りの悪化は、人命にも関わる大きな問題だと覚えておきましょう。

雨漏りの原因になりやすい場所

雨漏りの原因になりやすい場所

建物の中で雨漏りの原因となりやすい場所について考えてみましょう。発生原因と、その後のトラブルの特徴を知ることで、どんな対処ができるかが見えてきます。

問い合わせフォームアイコン

屋根のトラブル

屋根のトラブルは、一般的に「確認できるものではない」ことをしてください。なぜなら、建物の最頂部であるため、上らないことには確認できないからです。そして、一般的に屋根に上ることは危険なのでやめましょう。

ただし、屋根材が滑落していたり、風の強い日に屋根から音がする場合は、できるだけ早く業者に確認してもらうことをおすすめします。早い段階であれば、雨漏りになる前に対処できるかもしれません。

屋根のトラブルだからといって、天井からの雨漏りばかりではありません。雨漏りはしていても、表面化しないものはたくさんあります。例えば、柱に染み込んで劣化を進める場合です。これは「水の通り道」を確実に劣化させ、最後に行き着く場所周辺を腐らせる厄介な現象です。

また、漏電による停電が頻発する場合もあります。何か予兆が確認できる場合は、必ず業者にチェックしてもらうようにしましょう。

外壁のトラブル

外壁にはいくつかの種類があります。それぞれに雨漏りとなる原因はありますが、最近の建物であれば「継ぎ目の劣化」というものが顕著です。シーリングが劣化して、そこから染み込んでしまう雨漏りが多く、高い位置から染み込めば、原因箇所周辺の壁紙には染みやカビが確認できるようになります。

低い場所が発生原因の場合、表面化せずに基礎部分にダメージを与え続けてしまいます。これはとても厳しい状況だと言えるでしょう。基礎コンクリートの侵食や、親柱の腐食、縁の下のカビなど、一番下で重大な問題を発症してしまいます。

壁紙が浮いていたり、しっとりと水分を含んでいる場合は雨漏りを疑いましょう。そして、必ず業者による雨漏り診断が必要です。

窓サッシからの浸水

窓サッシの浸水は、霜除けを施すだけでは十分な対策とは言えません。

窓サッシから浸水する場合、すでに多くの場所に問題が発生していると考えておかしくありません。なぜなら、窓サッシは「固定されている建材」だからです。建物が歪んでいるからこそ発生する現象なので、窓サッシのどの部分から浸水しているかをよく確認してください。

どんな歪み方をしているか、隙間が見えているか、入ってきた水は止まっているのか流れてしまうのかなど、浸水の仕方でおよその被害の大きさを判断できます。

もし水が流れるレベルで家が歪んでいる場合、基礎部分にまで被害が発生していると考えられます。この場合、できる限り早急に業者を呼んでください。

▼合わせて読みたい▼

台風も怖くない!あなたの家を守るサッシ雨漏りガード術

ベランダからの浸水

ベランダから浸水する場合、被害を受けるのは直下の部屋の天井や壁紙です。ベランダの土台になっている部分に雨水が侵入することで、外壁の内側を伝って下に流れ落ちます。それも、大量に入り込むのではなくゆっくり入り込むため、外壁内側で内壁と干渉している部分全体に水が行き渡ってしまいます。

そのため、断熱材は水浸しになり、カビの温床となってしまうのです。さらに、経年劣化した断熱材は全て朽ちてしまうため、建物の断熱性のうは完全に失われることとなるのです。

ベランダからの浸水を止めるには、侵入箇所の特定をしなければならないのですが、見た目には問題を発見できないというケースも多くあります。そのため、ベランダからの雨漏りを過去に対処したことがある雨漏り鑑定士などの診断が必要なのです。

問い合わせフォームアイコン

雨漏りの修理方法

雨漏りの修理方法

一般的な雨漏りの診断から修理までを簡単にご紹介します。ここでお伝えする方法を用いれば雨漏りが直るのではなく、あくまでも一般的な手順であることを忘れないでください。そして、素人が下手に補修してしまうと、余計悪化する場合があることも覚えておきましょう。

雨漏り鑑定士による原因探求

まず、雨漏り鑑定士が「雨漏りの始まり」を見つけ出します。雨漏り鑑定士は、雨漏りの専門家として資格を取得しているスペシャリストです。過去の経験や雨漏りの状況から原因探求していきます。

ここで誤った場所をスタート位置だと判断してしまった場合、当面は雨漏りが止まる可能性はありますが、実際にはスタート箇所を直せていないので、別の場所に被害が出続けることになるのです。

雨漏り鑑定士は、工事後の確実な雨漏り解決のために重要な役割を持っているのです。

▼合わせて読みたい▼

【外装劣化診断士&雨漏り診断士監修】プロがあなただけにコッソリ教える漏水の見つけ方

屋根の修理

屋根からの雨漏りだと分かった場合、以下にあげる内容を施して対処します。

・屋根塗装

・破損箇所の屋根材挿し替え

・野地板修理

・ルーフィングシート張り替え

・カバー工法

・葺き替え

屋根に降る雨を遮るものはないので、ここをしっかりと対処しない限り雨漏りが止まることはありません。最近では「カバー工法」による「屋根のための屋根」をつけることができるようになりましたが、重量物の追加は建物のダメージにつながることも覚えておきましょう。

問い合わせフォームアイコン

外壁の修理

外壁から雨漏りだと判明した場合、以下にあげる内容を施して対処します。

・外壁塗装

・劣化したサイディング挿し替え

・目地シーリング打ち直し

・クラック補修

・外壁の重ね張り

基本的には補修がメインになります。ひび割れを埋めたり、劣化部分を直したり、対症療法で対処していくのが一般的です。しかし、外壁を重ね張りすることで「擁壁を増やす」という方法もおすすめです。

外壁を重ね張りすることで、建物の断熱効果が高まりながら防水性能を回復することができます。ただし、何重もの外壁追加は構造上の問題が出てきてしまうので、対応可能かは業者に相談しましょう。

窓サッシの修理

窓サッシのリフォーム方法は以下に挙げる3つの方法です。

・窓サッシ交換

・内窓設置

・ガラス交換

窓サッシそのものを交換する際、建物の歪みを矯正しつつはめ直すという方法と、既存の窓枠を活かしたままカバー工法で対処する方法が人気です。

内窓やガラス交換では浸水を止めることはできませんが、仮に結露による水問題である場合は、これらの対処法で問題が解決します。

雨漏りの修理は梅雨前が吉!あおば工房におまかせください!

雨漏りの修理は梅雨前が吉!あおば工房におまかせください!

雨漏りの修理は、問題が大きくなる前に対処するのが重要です。早い段階での修理を行えば、建物に与えられるダメージを小さく抑えられます。もし今、雨漏りが表面化しているような場合は、早急にご連絡いただければ対応いたします。

まだ雨漏りにはなっていないものの、壁紙に異変が見て取れるという場合も、一度ご相談ください。必要な対処方法を的確にご提案いたします。

プロタイムズ静岡葵店・島田店/あおば工房は、これまで数多くの雨漏り修理を施工してきました。梅雨前や台風前といった雨漏りリスクが高い時期は修理業者の需要が多いため、どこの業者も手一杯の可能性があります。

できれば今の3月~4月の梅雨前のシーズンにご相談いただけるとスピーディーな修理が可能です。ぜひお問い合わせください!

▼合わせて読みたい|現在開催中のキャンペーンはコチラ▼

【静岡市・島田市の外壁塗装専門店】春の家族応援キャンペーン開催中!|塗装でお家の美観を美しい彩に

あなたからのご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

問い合わせフォームアイコン

静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・菊川市・ 御前崎市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店

プロタイムズ静岡葵店・島田店(株式会社あおば工房)
フリーダイヤル:0120-108-559

人気記事