外壁塗装のトラブルがなくならない理由 | プロタイムズ静岡葵店

静岡市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店におまかせください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

  • ホーム
  • 外壁塗装のトラブルがなくならない理由

外壁塗装の
トラブルが
なくならない理由

これから外壁塗装する方へのお願い

この度は、当社ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
プロタイムズ静岡葵店/株式会社あおば工房、代表取締役の後藤と申します。
20歳から塗装工事の世界に入り、これまでに1400棟以上の工事を施工して参りました私からのお願いです。

「しっかりと業者選びをして下さい!」

私のこの仕事に対する誇りは、施工後のお客様の笑顔です。また「ありがとう。後藤さんに頼んでよかった」と言って頂ける言葉や、「近くに来たから」と、気さくに来店して頂けるお客様とのお付き合いは何よりの宝物です。
しかし、その一方で、前回の塗装が心無い業者の工事により、大切なお住まいの事で悩まれているお客様が多くいらっしゃることも知りました。

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター調べによると、2017年には約7,000件もの相談が寄せられています。欠陥住宅や点検商法・塗装工事トラブルが多く割合をしめています。
下記の視点で依頼する業者をチェックして下さい。
そして、資格を有する人に、しっかりと家を隅々まで見てもらって下さい。

オーナー写真
プロタイムズ静岡葵店
株式会社あおば工房
代表取締役 後藤 祥太

1つでもチェックがつけば注意すべき業者です!

  • 住宅の事前調査が1時間未満で終了した
  • 本日契約して頂ければ割引しますと言われた
  • 塗料などの条件が変わらす30万円以上値引き
  • 地元に拠点をもっていない

外壁塗装で失敗される方が
後を絶ちません!!

3年前に塗り替えたばかりなのに塗装が剥げてきちゃったんだけど、見てくれない?

塗装工事をさせていただく前に、近隣の方へご挨拶に伺った際、このようなご相談を受けることもしばしばです。もちろん、私たちの会社では、そのようなことが無いよう細心の注意を払っております。
しかし、塗装業界に従事する人間として、大変お恥ずかしい話ですが、塗装業界は非常にトラブルが多く、なかなかなくなりません。

では、なぜ外壁塗装のトラブルがなくならないのでしょう?

外壁塗装のトラブルが
なくならない理由塗装業界の問題点

理由1

塗った直後は
手抜き工事か判断できない

理由1

外壁塗装のトラブルは、塗ってしばらく経ってから発生します。
塗装の仕上がりだけしか考えず、必要以上に塗料を薄めて塗ったり、3回重ね塗りをするところを2回しか塗らなかったり、作業時間を縮めるために塗料が乾かないうちに次の塗料を塗ったりするなどの不良施工は、時間が経過して初めて劣化症状が発生するからです。
(メーカーが指定したルール(塗料の塗布量や乾燥時間など)を守らないと、きちんと塗装をしたとは言えません。)

しかし、私たちプロの目から見ても、塗った直後には手抜き工事かどうか判断がつかないレベルです。
だからと言って、施工中ずっと職人さんの作業を監視するというのも現実的ではありません。
施工する会社がきちんと管理しているか、また、施工する人の誠実さによって仕上がりが変わってしまうのです。

理由2

無理な値引きによる
施工不良

同じ工事を頼むのであれば、できるだけ安いところに頼みたい。
お客様がそのように考えるのは当然のことですが、安さを求めすぎると工事品質まで悪くなってしまいます。
業者として売上は欲しい。でも、安く受注すると利益が残らない。手抜き工事をしてもすぐには分からない。
だとしたら…。という状況に陥りがちなのです。

理由3

住まいのメンテナンスは塗装だけではない

理由3

外壁塗装は、住まいをきれいに長持ちさせるためにするものです。
紫外線や風雨にさらされる住まいは、シーリングと呼ばれる外壁のつなぎ目を埋めるところが劣化したり、外壁そのものがひび割れて雨水が建物の内部に浸入すると、建物が傷んでしまいます。
建物の劣化状況を把握しないまま、見た目の塗装だけしても、後々トラブルの原因となってしまいます。

下へ

信頼でき、技術力のある、適正価格
業者を選ぶことが成功の秘訣です。

当社のこだわり

方針1

近いは安心!地元密着にこだわります!

方針1

万が一、トラブルがあったときにすぐ駆けつけることができるか?
会社の売上のことだけを考えると、施工エリアは広げた方がいいのかもしれませんが、お客様に安心して塗装工事をご依頼いただくためには、むやみに施工エリアを広げるべきではないと考えています。
また、従業員が生活するエリアで塗装工事をさせていただくのは、いい意味でプレッシャーもあります。

お客様とどこかで顔を合わせたり、共通の知人がいる可能性も高く、お客様に塗装工事を頼んで良かったと言われる仕事を心がけています。

方針2

外装リフォームのプロ
だからできるご提案

方針2

住まいをきれいに長持ちさせるためには、屋根や外壁の塗装をするだけではありません。お住まいの素材や劣化状況などにあった塗装やメンテナンスが欠かせません。
雨漏りが発生していたら、その原因を特定して補修するだけではなく、建物そのものが傷んでいないかを考えて対処を行なうことが必要です。
外壁を塗っておしまい、ではなく、私たちは大切なお住まいを守る会社として、塗装後のアフターサービスや住まい全体のメンテナンスコストが下げられるようなご提案をしています。

方針3

業界の最新知識
学び続けます

方針3

他の業界と同じように、塗装業界においても、技術革新は日々進んでいます。
10年前には考えられなかったような、20年も長持ちするような高耐候性塗料が登場しただけではありません。断熱性や防水性に優れた塗料、汚れがつきにくい塗料など、さまざまな新製品が登場しています。
私たちは、全国組織であるため、最新の技術や知識、失敗事例の共有などの勉強会に定期的に参加し、お客様に最新かつ安心、安全な、塗装サービスをご提供しています。

また、高機能塗料の中には、気温や湿度、塗り方など仕様通りに施工しないと、その機能を発揮しないものも多くあります。実際に施工を担当する、塗装職人に対しても、勉強会を行なうことで、施工技術の向上に取り組んでいます。

方針4

適正価格でのご提供

方針4

外壁塗装の場合、価格の安さにこだわりすぎると「安物買いの銭失い」にもなりかねません。私たちは、お客様のために『適正価格』にこだわっています。
塗装工事の場合、価格の内訳は左図のとおりです。
会社を将来的に維持存続したり、お客様へのアフターフォローをしたりするためには、適切に会社の利益を確保する必要があります。
また、外壁塗装は、職人さんが手作業で行なうものなので、手抜き工事をせず、工事品質を保つためには、適切な人件費は必要です。 しかし、原価となる部分は、できるだけ安く仕入れるべきだと考えています。共同で商品を仕入れるようにしたり、業者さんと定期的に価格交渉を行なったりして、企業努力を続けています。