ブログタイトル

梅雨時期の雨の日に出来ない塗装作業

梅雨時期は週に三日~五日くらい雨が降るといわれます。

前回は雨の日でもできる作業を記載しましたが、今回は

雨の日にできない作業、言い換えるとやってはいけない

作業を記載したいと思います。まずは屋根・外壁の塗装工事

のメインの作業です「塗装工程」ですね。屋根・外壁の塗装工程

で塗料を塗る工程は①下塗り、②中塗り、③上塗りと三回あるのが

一般的です。ただし、施工業者によって変わってきますので、担当

の施工業者に詳細を確認してください。

もし、雨の日にやってはいけない塗装工程を無理に実施した場合は

どうなるのでしょうか・・・

 

ー 不具合事例 ー

・ 塗料が雨で流れ落ちてしまう

・ 塗装後、塗膜剥離やひび割れなどの劣化が発生する

 可能性が高まる

・ 塗料に雨が落ちて仕上がりがまだらになり外観が

 悪くなる

・ 塗膜表面の光沢が低下してしまう

【 例:外壁塗装工程 】

などの問題が発生する可能性があります。

実際問題、再塗装の必要が高まる不具合ばかりで、こうなると

何のための屋根・外壁の塗装だったのかということになりますよね。

なので、屋根・外壁の塗装工事の一連の工程のなかで「塗装工程」

屋根・外壁ともに必ず雨の降っていない日に行う必要があります。

大切なお家を守るための塗装工事ですから担当業者に徹底させま

しょう。

急に雨が降り出してきた場合はすぐに施工を中止することが

大切です。基本的に業者は雨が降りやすい梅雨時期だからこそ

気を付けて作業しています。塗装中だけでなく塗装後の雨も

心配になるからです。もしどうしてもご心配であれば業者に

相談し、屋根・外壁をチェックしてもらいましょう。

または、事前に業者に確認しておくも良いかもしれませんね。

 

屋根・外壁の塗装工事はプロタイムズ静岡葵店

あおば工房まで!

梅雨時期の雨の日にできる工程・・・

30ブログで雨の多い梅雨時期でも屋根・外壁の塗装は

ある一定の環境下で条件内であれば塗装できるとお伝えしました

その条件をもう一度、復習しましょう・・・

◎ 塗料メーカーの出している基準

・ 湿度・・・85%未満

・ 気温・・・5℃以上

・ 天候・・・晴れ、またはくもり

ただし、雨のあと湿度が85%以上となったり梅雨時期は

ほどんど無いことですが気温が5℃以下になったりすると

施工はできません。しかし屋根・外壁塗装には様々な工程が

あります。その時の工程によっては雨の日でも作業できること

あるのです。工程の順番のタイミングがあえば、実際に屋根や

外壁を塗る「塗装」以外の作業を雨の日に実施することは可能です

では、どのような工程があるのでしょうか・・・

ー 雨の日にも実施できる工程 -

・ 足場の組み立て

・ 塗装しない部分にナイロンをかぶせる養生作業

・ 塗装前の屋根・外壁を洗い流す高圧洗浄

・ 塗装後の養生をはがす作業

・ その他掃除などの後片付け

【 例:外壁高圧洗浄工程 】

など、できることはたくさん有りますが、やはり環境条件に

よっては中止せざるを得ない場合もあります。風が強い、

作業ができないほど強い雨が降っている時はやはり中止と

なってしまいます。わたしの経験上では地域性もありますが黄砂

があまりにも酷く中止になり再度洗浄した事もありました。

このように中止になった場合はスケジュール調整が必要になります。

業者サイドも複数の現場をかかえている事があるので、ご自宅の

施工計画がどのように調整されたのかしっかりと施工業者と

コミュニケーションをとり、状況を把握しておくようにしましょう

 

次回は雨の日にできない作業とその理由について・・・

 

屋根・外壁の塗装工事はプロタイムズ静岡葵店あおば工房で!

 

梅雨時期の外壁塗装について・・・

屋根・外壁の塗装を決意してから考えるのはまずは金額、塗装業者

塗装に使用する塗料の種類などになってくると思われます。

上記項目以外に皆さんが気にされるのは屋根・外壁の塗装工事の

“時期”ではないでしょうか。

今日もしとしと雨が降っていますし、この数日の間に九州地方

では大きな災害も起こっています。そんな雨の多いこの時期に

屋根・外壁を塗装して大丈夫なのか気になるところだど思います。

 梅雨時期は地域性もありますが平均で週三~五日雨が降ることも

あります。

しかし実際は、梅雨時期でもしっかりと注意をすれば屋根・外壁を

塗装することができるのです。

◎ 梅雨時期でも屋根・外壁塗装は出来る!

実は屋根・外壁の塗装工事は一年間通じて施工する事ができます。

塗料メーカーの塗装基準は以下の通りです

・ 湿度・・・85%未満

・ 温度・・・5度以上

・ 天候・・・晴れまたはくもり

の環境下であれば塗装工事は施工できるとなっています。要は上の

三つの条件を満たしていれば、一年中塗装工事は出きるということ

になります。なので、梅雨時期だから屋根・外壁の塗装は出来ない

といことではありませんので、ご安心ください。

ただし、上記条件からはずれてきた場合は当たり前ですが塗装は

できません。それは雨が降ると湿度が85%以上になり、空気中の

湿気が塗装の硬化を阻害し、塗料が固まりにくくなります。

そのためその後の施工不良の原因となる可能性があります。

また梅雨の時期にはまず無いことですが、気温が5℃未満になると

塗装は出来ません。塗料が凍ってしまう可能性が有るためです。

また、足場なども凍ってしまうと事故が発生するリスクが高まる

ため気温が下がると施工ができません。

次回は、雨の日にも出来る工程をお届けします・・・

屋根外壁の塗装はプロタイムス静岡葵店

あおば工房まで!

1 / 18112345...102030...最後 »

相見積り大歓迎!簡単!見積依頼はコチラ!|塗装業界で正確な図面から見積を無料で出しているのはプロタイムズだけ!|正確で根拠ある見積書しかだしません。適正価格や適切な塗装時期が丸わかり!|POINT①プロの診断士があなたのお家を徹底調査!診断士が解説を入れながらビデオカメラで劣化状況を撮影し記録します。劣化箇所がわかりやすいと好評です。POINT②調査・診断を元に建築用ソフトで「外装リフォーム図面」を作成し、塗装面積を計算。適正で根拠ある公示価格の見積書をお届けします。

個人情報の取り扱いについてはこちら

簡単・お気軽相談

個人情報の取り扱いについてはこちら

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織