静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

屋上防水の種類と特徴

プロタイムズ静岡葵店 株式会社あおば工房の後藤です。

今回は、“屋上防水の種類と特徴“についてご紹介いたします。

 

■屋上防水とは

建物の屋上を雨や水から保護するために行われる施工のことです。屋上は雨風にさらされるため、防水は非常に重要な工程です。

 

■代表的な屋上防水の種類とそれぞれの特徴

・アスファルト防水(アスファルトルーフィング)

アスファルトを主成分とした防水材料を使用する方法です。

施工が比較的容易で、コストが比較的低いため、一般的に利用されています。

耐久性があり、屋上の防水効果を長期間保持します。

熱に対して強く、耐候性にも優れています。

 

・シート防水(ビチューメンシート防水)

ビチューム(アスファルトの一種)を主成分とした防水シートを使用します。

高い防水性能と耐久性を持ち、様々な屋上形状に適用できます。

熱に対する耐性があり、UV光から保護するための特殊な加工がされている場合もあります。

 

・ポリウレタン防水

ポリウレタン樹脂を主成分とした防水材料を使用する方法です。

液状で塗布されるため、屋上の凹凸に密着しやすく、シーム(接合部)の少ない防水が可能です。

柔軟性があり、建物の膨張・収縮に対応できます。

耐候性に優れ、長期間の使用に適しています。

 

・PVC防水

ポリ塩化ビニール(PVC)を主成分とした防水材料を使用する方法です。

軽量で施工が容易であり、メンテナンスも比較的簡単です。

耐候性に優れ、紫外線や化学物質にも強いです。

環境への配慮が必要であり、一部の地域では使用が制限されている場合もあります。

 

屋上防水は、建物の用途や条件によって適切な選択をすること、また適切な施工ができる業者を選ぶことが重要です。

 

外壁・屋根の塗り替えに関するお悩みなどあれば、

お気軽にお問い合わせください。

 

静岡市・島田市・牧之原市・吉田町・菊川市・御前崎市の外壁・屋根塗装専門店

株式会社あおば工房

FAQに関する記事

 

人気記事