ブログタイトル

火災保険 を使ってお得に外壁塗装!

外壁塗装に「火災保険が使用できる」という話を聞いたことはありませんか?

火災保険の適用条件さえ満たせば、保険金で外壁塗装をすることができます。

少しでも費用は抑えたいですし、せっかく加入している保険なので有効活用しましょう。

 

外壁塗装に火災保険が適用される条件は?

戸建住宅向けの火災保険は、火災やガス爆発などの事故だけではなく、自然災害による損害も補償されます。

そのため、自然災害で外壁に損害を受けた時などに、火災保険が適用される場合があります。

 

火災保険の適用条件は保険の種類によって変わる

火災保険の種類によって補償範囲が異なるため、自然災害で損害を受けた場合でも適用されない場合があります。

例えば、住宅火災保険では水害や水濡れ事故は補償範囲外のため、洪水や集中豪雨などによる損害では適用されません。

 

住宅火災保険と住宅総合保険における補償範囲の早見表

火災保険の補償範囲

加入されている保険の種類や補償範囲のにつきましては、火災保険の保険証券や保険会社へお問い合わせをして確認しましょう。

 

経年劣化では保険適用されない

昨今の火災保険では、経年や老朽による劣化は適用されて保険適用されません。

自然災害に起因しない劣化や、外壁材特有の性質で摩耗・変化・変色したと判断された場合は保険が使用できませんので、保険会社に連絡をして確認しましょう。

 

保険適用されるか「損害保険登録鑑定人」が調査

保険会社は、自然災害での劣化か経年での劣化かなど、保険適用かどうかを判断するために「損害保険登録鑑定人」に調査を依頼します。

依頼を受けた損害鑑定人は、実際に現場で損害状況や自然災害による劣化の有無を調査して、保険会社に報告書を提出します。

 

「損害保険登録鑑定人」とは?

「損害保険登録鑑定人」は、建物・動産などの損害額算定、保険価格の評価、事故の原因・状況などの調査、ならびにそれらに関連する一連の業務を行います。

一般社団法人日本損害保険協会が実施する認定試験に合格し、登録されている方をいいます。

 

火災保険で保険金が支払われるまでの流れ

実際に加入している保険を使用する場合、保険金が支払われるまでの流れをご説明します。

 

1.加入している保険会社に連絡

申請に必要な書類や、注意事項などを詳しく聞きましょう。

 

2.保険金の請求申請

申請書を作成して、請求申請をしましょう。

主だった申請書は「保険金の請求書」「事故の報告書」「修理した箇所の工事見積書」の3つです。

 

「事故の報告書」を作成する際のポイント

  • 記載しておくとよい内容
    • 契約者の名前・保険証書番号
    • 損害発生の日時
    • 損害発生の状況・事故の原因
    • 損害のあった家の住所
    • 損害箇所を示された家の見取り図
  • 損害個所の写真を添付しましょう
    • 損害個所の写真を添付することで、損害鑑定人の調査がスムーズに進むことが望めます。
    • 家全体が分かる外観、方角別の外壁、損害の該当箇所が分かるように印を付けるとよいです。

 

「修理した箇所の工事見積書」を作成する際のポイント

  • 業者に見積額の算出を依頼しましょう
    • ご自身で正確な見積もりをするのは至難の業です。
    • 専門家の業者に「保険金の申請のため」と目的を事前に伝えれば、スムーズに対応を行ってくれます。
  • 見積り依頼をする際は悪い業者に注意!
    • 自己負担ゼロで済むと工事の契約を迫り、実際に工事を依頼した際には、手数料などと称してお金を請求したり、他の業者に依頼する旨を伝えるとキャンセル料を請求する事例があるようです。

 

3.損害現場の調査

申請を受けた保険会社が、損害鑑定人に依頼して損害現場の調査をします。

 

4.保険会社の審査

損害鑑定人の調査結果を受けて、保険会社が審査を行います。

 

5.保険金の支払い

申請内容が認められれば、保険金が支払われます。

 

まずは信頼できる業者に相談しよう!

火災保険を使用した外壁塗装についてご説明しましたが、まだよくわからない点がある・もっと詳しく話しが聞きたいなどありましたら、お近くの信頼できる業者に相談しましょう。

静岡で外壁塗装をご検討されている方は、ぜひプロタイムズ静岡葵店あおば工房までお問い合わせください!

 

 

相見積り大歓迎!簡単!見積依頼はコチラ!|塗装業界で正確な図面から見積を無料で出しているのはプロタイムズだけ!|正確で根拠ある見積書しかだしません。適正価格や適切な塗装時期が丸わかり!|POINT①プロの診断士があなたのお家を徹底調査!診断士が解説を入れながらビデオカメラで劣化状況を撮影し記録します。劣化箇所がわかりやすいと好評です。POINT②調査・診断を元に建築用ソフトで「外装リフォーム図面」を作成し、塗装面積を計算。適正で根拠ある公示価格の見積書をお届けします。

個人情報の取り扱いについてはこちら

簡単・お気軽相談

個人情報の取り扱いについてはこちら

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織