ブログタイトル

夏の外壁塗装 について

夏(7~9月)でも外壁塗装はできるの?

暑い夏に外壁塗装をしても問題ないのか、気になる方もいらっしゃると思います。

外壁塗装の人気時期は天候が安定しやすい春と秋ですが、夏でも問題なく外壁塗装をすることができます。

 

夏に外壁塗装をするメリット

①希望する日程で塗装工事ができる可能性が高い

人気時期ではないため比較的スケジュールに余裕のある塗装業者が多く、人気時期に比べると希望の日程で塗装工事ができる可能性が高い傾向にあります。

 

②日照時間が長く、作業時間を十分に確保できる

夏は日照時間が長いく作業時間を十分に確保できるため、「早々に暗くなったために、途中で作業を中断せざるを得ない」という状況で作業が翌日に持ち越しになり、日程が後ろに倒れることは少ないです。

 

③塗料の乾きが早いため、予定どおりに工事が進みやすい

夏は気温が高く塗料の乾きが早いため、塗装作業が順調に進みやすいです。

 

夏に外壁塗装をするデメリット

①夕立が降ると工事がストップしてしまう

暑い夏には突然の夕立も多く、雨が降ると塗装作業ができないため日程が後ろ倒しになることがあります。

 

②お盆中は業者がお休みのため工事がストップする

お盆期間中は塗装業者も休みに入り工事がストップしてしまうため、塗装工事の日程がお盆とかぶると工期(トータルの工事日数)が長くなることになります。

工事途中でお盆を迎えたくない場合は、「お盆前に終わらせる」または「お盆後にはじめる」スケジュールで塗装工事を依頼するのがよいでしょう。

 

外壁塗装中、快適に過ごせるかは業者次第!

塗装工事中に「クーラーが使用できるようにする」「換気ができるようにする」といったことは、塗装工事とは直接関係のないため塗装業者によって対応が異なります。

依頼する塗装業者によっては塗装工事中にクーラーが使用できない、換気もできないということも十分考えられますので、契約前に塗装業者に確認をすると安心です。

 

●塗装工事中もクーラーが使えるように対応を依頼する

養生とは、塗装工事をする際、塗装しない箇所を汚さないように養生シート等で覆うことです。

クーラーの室外機をその他の箇所と同様に養生シートで覆ってしまうと、吸排気ができなくなるためクーラーは使用不可となります。

クーラーを使用できるように養生してくれる塗装業者であれば、吸排気ができるよう養生シートに穴をあけるか、専用カバーやメッシュカバーなどを用いて養生をしてくれるはずです。

 

●塗装工事中も換気できるように対応を依頼する

塗装工事中は、好きな窓やドアを好きな時に開けられるわけではありません。

足場の組み立て時・洗浄時・養生時はすべての窓やドアを開けることができません。

その他の工程においても、塗装工事の箇所等によって、窓やドアが開けられないこともあります。

塗装工事中ずっとすべての窓やドアが開けられないわけではなく、塗装業者の協力があれば、外壁塗装中のおおよそ2/3は窓やドアを開けて換気することもできます。

youjyou

 

まとめ

人気時期ではありませんが、暑い夏にも問題なく塗装工事はできます。

メリットとデメリットを参考にご検討いただければと思います。

また、夏の外壁塗装をすることを決めた方は、外壁塗装中も快適に過ごせるようにクーラーの使用可否や換気について塗装業者にご相談ください。

 

屋根・外壁の塗装工事はプロタイムズ静岡葵店

あおば工房まで!

お問い合わせはこちら

相見積り大歓迎!簡単!見積依頼はコチラ!|塗装業界で正確な図面から見積を無料で出しているのはプロタイムズだけ!|正確で根拠ある見積書しかだしません。適正価格や適切な塗装時期が丸わかり!|POINT①プロの診断士があなたのお家を徹底調査!診断士が解説を入れながらビデオカメラで劣化状況を撮影し記録します。劣化箇所がわかりやすいと好評です。POINT②調査・診断を元に建築用ソフトで「外装リフォーム図面」を作成し、塗装面積を計算。適正で根拠ある公示価格の見積書をお届けします。

個人情報の取り扱いについてはこちら

簡単・お気軽相談

個人情報の取り扱いについてはこちら

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織