静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

住宅の軒出と外壁の劣化の関係

プロタイムズ静岡葵店 株式会社あおば工房の後藤です。

今回は、 “住宅の軒出と外壁の劣化の関係“についてご紹介いたします。

■軒出とは

軒出は、建物の屋根から外壁の上方に突き出ている部分のことをいい、雨や日光から外壁を保護する役割を果たしています。住宅の軒出(のきで)と外壁の劣化には密接な関係があります。

 

■住宅の軒出と外壁の劣化の関係

・雨水の影響:

軒の出は雨水が外壁に直接当たるのを防ぐ役割を果たします。十分な軒の出がある場合、雨水は外壁に直接当たることなく地面に落ちるため、外壁へのダメージが軽減されます。しかし、軒の出の長さや形状が不適切、あるいは欠陥がある場合は、雨水が外壁に直接当たり、外壁の劣化やひび割れを引き起こす可能性があります。

・日光の影響

軒出は日光から外壁を保護する役割も果たしています。長時間にわたって直射日光が外壁に当たると、外壁材料の劣化が進み、ひび割れや変色が生じることがあります。軒の出が十分にあることで、外壁が直接的な日光にさらされる時間を減らすことができます。

・通気性と湿気の影響

軒出が適切に設計されていると、外壁と軒の下に空間ができます。この空間によって通気性が確保され、外壁内部の湿気や水蒸気が外部に排出されます。湿気が外壁内部に滞留すると、外壁の劣化やひび割れの原因となる可能性があります。

 

外壁・屋根の塗り替えに関するお悩みなどあれば、

お気軽にお問い合わせください。

静岡市・島田市・牧之原市・吉田町・菊川市・御前崎市の外壁・屋根塗装専門店

株式会社あおば工房

 

 

人気記事