静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

住宅屋根塗装に関する劣化 “瓦の亀裂“

プロタイムズ静岡葵店 株式会社あおば工房の後藤です。

今回は、住宅屋根塗装に関する劣化症状“瓦の亀裂“についてご紹介いたします。

 

■屋根の瓦に“亀裂”が発生する主な原因

・自然の影響

瓦は長期間にわたって太陽光や紫外線、風、雨、雪などにさらされます。それによって、瓦の表面に微細なひび割れが生じ、時間の経過とともに亀裂に拡大することがあります。特に気温の変化による収縮と膨張が繰り返されると、瓦の亀裂がより顕著になることがあります。

・老朽化

長期間の使用や経年劣化によって、瓦が弱くなる傾向があります。特に古い瓦や劣質な瓦は、割れや亀裂が生じやすくなります。また、瓦の製造過程での欠陥や不良品も、亀裂の原因となる可能性があります。

・不適切な施工

瓦の施工が不適切な場合、亀裂が生じやすくなります。例えば、瓦の間隔や重なりが不適切であったり、瓦を固定するための下地が不十分であったりすると、瓦同士の衝撃や振動が直接瓦に伝わり、亀裂が生じることがあります。

・構造上の要因

屋根の構造や設計によっても瓦の亀裂が生じることがあります。例えば、屋根の下地や骨組みの不均一な動き、変形、地震などが原因となり、瓦に応力がかかり亀裂が発生することがあります。

・衝撃や重圧

強い衝撃や重圧が瓦にかかることも、亀裂の原因となります。例えば、落下物や大きな枝が瓦に落ちたり、足場の誤った使用によって瓦が圧迫されたりすると、瓦が割れたり亀裂が生じることがあります。

 

瓦の亀裂は、屋根の防水性能や耐久性に悪影響を与える可能性があります。亀裂が拡大し水が侵入すると、屋根の下地や内部構造に損害を与えるおそれがあります。亀裂が発生した場合は早期に修理や交換を行うことが重要です。

 

外壁・屋根の塗り替えに関するお悩みなどあれば、

お気軽にお問い合わせください。

 

静岡市・島田市・牧之原市・吉田町・菊川市・御前崎市の外壁・屋根塗装専門店

株式会社あおば工房

人気記事