静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

屋根塗装の「剥れ」が発生する原因について

プロタムズ静岡葵店 ㈱あおば工房の後藤です。

 

屋根塗装の剥がれを放置すると、「雨漏り」などのトラブルにつながる可能性があります。

今回は、屋根の塗装が剥がれる原因とその補修方法をご紹介いたします。

 

■塗装の剥がれが発生する屋根材

屋根塗装の剥れとは、表面の塗膜が剥がれている状態のことをいいます。したがって、塗装をしている屋根材に塗膜の剥がれが発生します。当然、粘土瓦など塗装の必要のない屋根材は、塗膜が剥がれる心配はありません。

下記の屋根材には塗膜の剥れが発生する可能性があります。

 

・スレート屋根

・アスファルトシングル

・モニエル瓦

・セメント瓦

・金属屋根(ガルバリウム鋼板)

・金属屋根(トタン)

 

■屋根塗装の剥がれが発生する原因

 

①経年劣化:塗装後、5年~10年以上経過している場合は経年劣化の可能性が高い。

 

紫外線や雨水、温度変化などの影響を受けた表面の塗膜が、チョーキング、ひび割れ、膨れなどの劣化症状を起こすと、剥れが発生する可能性が生じます。

この劣化の症状と速度は、塗料の耐久年数や気候条件、環境などによって異なります。凍害や塩害のリスクのある地域の場合は、塗装後数年で剥がれてしまうこともあります。

 

主な塗料の種類(樹脂の違い)による耐久年数の目安は下記の通りです。

※耐久年数は、製品や建物の立地条件(気候や環境)などによって異なります。

 

・シリコン   5~7年

・フッ素    7~10年

・無機    10~15年

 

②施工不良:塗装後、1~2年以内の場合は施工不良の可能性が高い。

 

<下地の強度不足による剥れ>

・屋根材自体の劣化

・塗装の必要のない屋根材(粘度瓦など)に塗装

 

<塗装前の準備(ケレン・洗浄)不足による剥れ>

古い塗料が残った状態で塗装をすると、その塗料が劣化し、上に塗装した塗料の塗膜が剥れを起こすことがあります。

 

・ケレン(下地処理)不足

・高圧洗浄が不十分な状態で塗装

※下地処理の不足によって剥がれた箇所には、カビや藻が繁殖しやすくなります。

 

<塗料の選定ミスによる剥れ>

「下塗り」と「中塗り・上塗り」は違う塗料を使用します。この2種類の塗料には、塗料同士の相性があります。選ばれた塗料が適切でない場合、塗装の剥がれにつながります。

 

<塗装時のミスによる剥れ>

・塗り重ね乾燥時間が守られていない

※施工の際、下塗り、中塗り、上塗りの工程毎に、塗料を乾燥させる必要があります。この乾燥にかかる時間を「塗り重ね乾燥時間」といい、製品によって異なります。この「塗り重ね乾燥時間」を守らずに次の工程に入った場合、塗膜が剥がれてしまうことがあります。

 

・塗料の塗布量が守られていない

※製品毎に1㎡あたりの塗料の使用量が決められています。

 

・予定外の箇所に塗装してしまった

・下塗りを忘れている

 

など、様々なことが考えられます。

 

■補修の時期

屋根塗装が剥がれた部分は、屋根材が太陽光や風雨の影響を直接受けることになり、これが、屋根材の劣化を進行させます。時間をかけて内部の劣化が進んだ時に、雨漏りなどの症状が現れます。剥がれが見つかった場合は、早めに補修することをおすすめします。

 

■施工不良の可能性がある場合

施工した業者に連絡し、補修を依頼する。

※施工不良が原因の場合、基本的に無料で対応します。

※塗装後、数年経ってしまった場合は、その原因が施工不良によるものなのか、経年劣化によるものなのか判断ができなくなる可能性があります。

※施工不良と断定できなくても、保証期間内であれば、対応する場合があります。

※保証期間中の補修が無償かどうかは、保証の内容や契約の内容によって決まります。

 

塗装後1~2年で剥がれが発生した場合は、施工不良の可能性があります。できるだけ早く業者に連絡しましょう。また、契約や保証内容については、契約時にしっかりと確認、把握しておくことが大切です。

 

屋根・外壁の塗り替えに関するお悩みなどあれば、

お気軽にお問い合わせください。

静岡市の外壁・屋根塗装専門店 

株式会社あおば工房

人気記事