静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

外壁塗装中の臭いや音からペットを守る!対策方法とは?

こんにちは!

外壁塗装をお考えの方の中には、
ペットを飼っている方もおられますよね。

しかし

「検討はしているけれど、飼っているペットのことが気がかり…」
「外壁塗装をすることで、ペットによくない影響があるかも…」

といった不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

ペットがいても塗装はできますが、
ペットへの影響を最小限に抑え、しっかりと対策をすることが重要です。

そんなときの対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ペットに悪影響を与える可能性があるものとは?

具体的には、

・塗料の臭いや工事中の音
・多数の人の出入り
・普段と異なる生活環境(換気やエアコンの使用に制限が生じるなど)

といったことが原因でストレスが溜まってしまうこともあり、
場合によっては健康被害が生じてしまう可能性もあります。

しかし、上記を防ぐことももちろんできます。
対策次第で、ペットに与える影響を最小限に抑えることができるのです!

2.外壁塗装の「契約前」にできる!大切なペットのための対策

契約前にできる対策をご紹介します。

ペットに配慮した対応をしてくれる塗装業者を選ぶ

ペットへの影響を最小限に抑えるためには、塗装業者の協力が不可欠なので、
どのような対策をすればいいのか提案をしてもらいましょう。

また、ペットのことなどでお願いごとがある場合は、
工事前に営業担当者だけでなく、職人にも直接確認しておくと安心です。

ペットに与える影響の少ない塗料を選ぶ

・水性塗料がオススメ

塗料は「溶剤系塗料」と「水性塗料」と呼ばれる塗料に大別できますが、
臭いが少なく、VOC排出量が少ない「水性塗料」を選ぶのがおすすめです。

VOC(揮発性有機化合物)とは、Volatile Organic Compoundsの略称。
 シックハウス症候群などの健康被害や、大気汚染などの環境被害を引き起こす原因物質の一つとされています。

・「F☆☆☆☆」の塗料を選ぶとより安心

ペットへの影響を考えたときにより安全なのは
「F☆☆☆☆」の塗料であることは間違いありません。

「F☆☆☆☆」とは、建材のホルムアルデヒド放散の等級表示です。
ホルムアルデヒドとは、シックハウス症候群の原因物質の一つとされています。
「F」はホルムアルデヒド、「☆」は多いほどホルムアルデヒドの放散が少ないことを意味しています。

外壁塗装の「工事中」にできる対策!

外に連れ出す

「連日の外出はちょっと…」という場合、
外壁塗装工事には特に「音がする工程」「臭いがする工程」があるため、
その工程の日に外出をするだけでもペットへの影響を大きく軽減できます。

外壁塗装中はペットをどこかへ預けるのも手!

家にいなければ外壁塗装の影響を受けることもないため、
“ペットに与える影響を抑える”という点では、最も有効な対策と言えます。

しかし外壁塗装の期間は、2週間前後が目安なので、
長い期間どこかへ預けられることの方がストレスとなってしまうこともあるかもしれません。
なので、音・臭いがする工程の日だけ預けるといった方法を検討してみてはいかがでしょうか。

室内でペットを飼っている場合

エアコンが使用できるように養生をしてもらう

エアコンの室外機を養生シートで覆ってしまうと吸排気ができなくなるため、
外壁塗装の工事中(養生をしている間)ずっとエアコンが使用できなくなってしまいます。
※養生とは、塗装工事をする際、塗装しない箇所を汚さないように養生シート等で覆うことです。

外壁塗装中もエアコンを使用したいという場合は、
養生の工程に入る前にエアコンを使用したい旨を塗装業者に伝えましょう。

換気ができるように養生してもらう

外壁塗装中は、自由に窓やドアを開けたり・閉めたりできなくなります。
換気のために窓やドアを開けることを想定して養生をしてもらえば、
外壁塗装の工事中も換気ができるタイミングはあります。
養生の工程に入る前に、換気がしたいことを塗装業者に伝えておきましょう。

外でペットを飼っている場合

ペットを外で飼っている場合、
工事現場(外壁や足場など)には絶対に近づけないようにする必要があります。
また危険なだけでなく、犬に塗料などが付着してしまうといったことも考えられます。

そのため、可能であれば、外壁塗装の間だけは家の中で飼うというのは非常にオススメです。

ペットにいつもと違う症状が見られたらすぐに病院へ

どんなに対策をしていても、なんらかのよくない影響が犬に及んでしまうこともあるかもしれません。
犬に下記のような症状が見られる場合には、
なんらかのよくない影響が犬に及んでしまっている可能性があります。

いつもと違う症状などが見られる場合には、すぐにかかりつけの病院へ連れていきましょう。

いかがでしたか?
ペットを飼っていても、外壁塗装は可能です。
しかし、工事中に生じる塗料の臭いや音、人の出入りなど、
ストレスや体調に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

大切な家族を守るために、しっかりと対策をすることが重要です。

人気記事