静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

外壁塗装は冬でもできる!冬の施工「メリット・デメリット」

こんにちは!
日も短くなり、すっかり寒くなりましたね。
ブログ担当の私は焼酎が好きなので、
お湯割りが美味しい季節になって嬉しいです!

さて、これから外壁塗装をしようとお考えの皆様、

「冬に塗装工事なんかできないんじゃない?」

とお思いではありませんか?

いくつかの条件や作業に制限がつくものの、
なんと冬でも塗装工事をすることは可能なんです!

そこで、冬に外壁塗装をする際のメリット、デメリットをご紹介していきます。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

1.基準を守れば、冬でも塗装はできる!

外壁塗装を行うには、気候による条件があります。
1つは気温による条件、もう1つは湿度による条件です。
これは、塗料の乾燥・硬化に関係してくるものであるため、
この条件を守らないで施工をすると、不良施工となってしまいますので注意が必要です。

では、塗装が出来ない気候条件とはどのようなものなのか、具体的に見てみましょう。

①気温が5℃以下の時

②湿度が85%以上の時

③降雨、降雪、結露が起きている時または予想される時

気温が5℃以下では、塗料が乾燥・硬化しにくくなってしまいます。
そのような環境で、通常と同じ様にメーカーの定めた乾燥時間を経過したまま次の工程へ進んでしまうと、
硬化不良のため塗膜が形成されても脆弱になってしまいます。
湿度が85%以上の時も同様で、空気中の水分が多いと塗料の乾燥が遅くなってしまいます。

また、天候が雨や雪などの場合も、
塗料自体が流れ落ちてしまうため、塗装を行うことは出来ません。

ただし、メーカーや塗料の種類によっても違うことはありますので、
商品カタログの注意点を確認するようにしましょう。

2.冬の外壁塗装のメリット・デメリット

ここまで見ると、
「やっぱり向いてないじゃないか!」
と感じた方がほとんどかと思います。

そこで、冬に外壁塗装を行う場合のメリットとデメリットをお伝えしていきます。
もちろんデメリットもありますが、それは他の季節であっても同様にあることです。
冬の外壁塗装も決して悪い点ばかりではない、ということをご理解頂ければと思います。

メリット

【晴れの日が多い】

地域にもよりますが、冬は一年を通して比較的雨が少ない季節です。
そのため、台風シーズンや梅雨の時期に比べると工事のスケジュールを立てやすいと言えます。
また、工事期間中は窓を閉め切ることになりますが、夏場なら暑くて大変なところ、
冬場は締め切っていても問題ありません。

【湿度が低い】

梅雨や夏は湿気が多く、塗装の条件である85%を上回り、
塗装が出来なくなってしまうこともあります。
日本は元々、年間を通じて湿度が高い日が多い国です。

気象庁の30年間の統計によると、
月別の平均湿度は6月が78%、7月で80%まで上がると言われています。
それに対して1月は最も低く58%です。
冬は、空気中の湿度が低く乾燥しているため、塗料の乾きも良く、
スムーズに工事を進めることができると言えます。

デメリット

【日没が早いので作業時間が少ない】

冬は日没が早い季節ですので、職人さんの作業できる時間も短くなってしまいます。
冬至の日の入り時間は、東京で16時32分、福岡で17時14分、
最も遅い沖縄でも17時43分となっています。
周りが暗い状態で塗装作業を行うと、目でちゃんとした確認をすることが出来ないため、
塗り残しや塗りムラが出たりするなど、施工不良にも繋がってしまいます。

3.冬に外壁塗装をする場合の注意点

条件はあるが冬でも外壁塗装は出来る、ということはご理解頂けたでしょうか?
次に、冬の外壁塗装をする場合の注意点について、
下記にまとめてみたので、ご参考にしてください。

・天候で工期が延びた場合、追加料金は発生しないか

・天候を考慮したスケジュール組みをしているか

・工程表があり、無理なスケジュールになっていないか

・天候、作業環境に応じた施工が出来るか(資格のある職人が在籍しているか)

ちゃんとした業者であれば、週間天気を考慮して余裕を持ったスケジュールを組んでいます。
したがって、工程表を提示し、塗料の乾燥時間や施工にかかる時間についても根拠を出して説明してくれる、
施工管理のしっかりとした会社を選ぶように心がけましょう。

また、冬では朝に結露が起きて壁面が塗れていることも想定されるので、
先に日が当たり乾いている南面から塗装を行っていくのが普通です。
こういった基本をしっかりと抑えているかどうかも、
契約の前に確認しておくべき注意点になります。

いかがだったでしょうか。
冬に塗装工事を検討している方、心配な方へ、
外壁塗装はどの季節でも出来る(積雪地域を除く)ということをお伝えしてきました。

どの業者に頼むかも重要になりますので、
後悔のない工事をしたいですね!

人気記事