静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

台風で雨漏り発生!?応急処置や補修費用は?

こんにちは!
あっという間に涼しくなり、過ごしやすい季節になりました。
と同時に、いよいよ台風シーズンでもありますね。

もしかして、お困りではありませんか?
台風で雨漏りが発生した場合の原因や対処法、補修費用についてお話ししていきます。

台風で雨漏りが発生!どうしたらいいの?

台風で雨漏りが発生した場合、下記のような原因がほとんどです。

・自然災害
・経年劣化
・施工不良
・何らかの工事(太陽光パネルの設置など)

困った時の具体的な対処法をご紹介します。

放置はNG!業者に診てもらいましょう

「雨漏りするのは台風の時だけだから・・・。」と思っていませんか?

実は、一度でも雨漏りが発生した場合、
お住まいに何らかの問題が潜んでいる可能性が高いんです!
人知れず屋根裏で雨漏りしている…という事も考えられます。

さらに、雨漏りを放置してしまうと
お住まいの内部に入り込んだ雨水が躯体を腐食させ、徐々に蝕んでいきます。
すると、本来の耐久性を維持することができず、早々に寿命を迎えてしまう可能性もあります。
また、場合によっては、
喘息やアトピー、アレルギー性気管支炎アスペルギルス症(ABPA)などを引き起こす原因となる
カビや菌を発生させてしまうこともあるのです!

業者に診てもらうと、

・雨漏りの発生原因
・必要な補修工事の内容
多くの場合、何らかの補修工事が必要となります。

などが明らかになります。

応急処置

すぐに業者に来てもらうのは難しい場合は、ご自身で応急処置をしておくのも一つの手です。

ただし、屋根へ登っての作業は大変危険です。
また、思いがけない場所から雨漏りが発生している場合がありますので、下記の応急処置を施しても、
雨漏りを止められない場合があります。

あくまで急場を凌ぐための処置ですので、早めに業者を呼びましょう。

1.ブルーシートで覆う

雨水の浸入箇所をブルーシートで覆うことで、一時的に雨漏りを止めることができます。
はっきりと雨水の浸入箇所がわからなくても、屋根から雨水が浸入している疑いがある場合は屋根一面を、
外壁から雨水が浸入している疑いがある場合は外壁一面をブルーシート覆うことで、
一時的に雨漏りを止められる可能性は十分あります。

※注意点
ブルーシートは風にあおられやすいため、屋根や外壁にそってしっかり留めてください。

2.防水テープで塞ぐ

どこから雨水が浸入しているのかがはっきりとわかっている場合は、
その箇所を防水テープで覆う応急処置がオススメです。
雨水の浸入箇所を防水テープでふさぐことで、一時的に雨漏りを止めることが可能です。

※注意点
防水テープでの応急処置ができるのは、雨水の浸入箇所が乾いている状態の時だけです。
塗れている箇所に防水テープを貼ってもすぐにはがれてしまうため、
雨が降っている日に防水テープでふさぐ応急処置はできません。

雨漏り補修の費用について

雨漏りの発生原因等によって、必要な補修工事大きく異なります。
その為、補修費用はケースバイケースとなります。

詳しく費用を知りたい方は、
業者に状態を診てもらい、見積りをお願いしましょう。

【補修工事の内容】
【費用相場】
ひび割れ補修(シーリング補修)
5万円~
ひび割れ補修(シーリング補修)+外壁塗装
100万円~
外壁|重ね張り *1
150万円~
外壁|張り替え *2
200万円~
屋根|重ね葺き *3
80万円~
屋根|葺き替え *4
100万円~

*1 既存の外壁の上に、新しい外壁材を施工する方法
*2 既存の外壁を取り除き新しい外壁材を施工する工法
*3 既存の屋根をそのまま残し、その上に屋根材をかぶせる工法
*4 古い屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に替える工法

雨漏り補修工事は火災保険で無料になるかも!?

台風、暴風等の自然災害が原因で雨漏りが発生した場合、
火災保険を使って無料」で補修できるケースもあります。

なお、経年劣化や施工不良などの場合は、
適用外となるのが一般的です。

適用条件は各保険商品によって異なります。

雨漏りの再発を防ぐためには、業者選びが最重要

「何度補修をしても、また再発してしまう…。」

こんなトラブルが多数報告されています。
発生原因を突き止めるのは、プロでも難しいのです。

そこで、信頼できる腕の良い業者を選ぶポイントをご紹介します。

業者選びのポイント

業者選びの際にチェックしたいポイントは、以下の2点です。

1.雨漏り補修の実績

当然ですが、実績のある業者のであれば、知識・技術の面でもより安心です。

2.専門資格を持っている

建築士、雨漏り診断士、外壁劣化診断士など、
資格の有無は、業者のレベルを見極める一つの指標になります。

今回は、台風で雨漏りが発生した場合の対処法や知識をご紹介しました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気記事