ブログタイトル

外壁塗装見積のポイント

外壁塗装の見積の基準ほど分かりにくいものはありませんよね。

外壁塗装の業者によって見積の内容、金額が違ってきます。

外壁塗装は安い買い物ではありませんし一般の買い物と違い

手に取ってみる、確認する事はできません。

要は、形の無いものに見積がでて値段が決まり施工後にならないと

出来栄えがわからない工事を評価、判断しなければならない。

かなり難しい事だと思います。

今回は簡単なポイントをご紹介したいと思います。

① 材料費と施工費が別々に記載されている

塗料、材料の代金が材料費、職人が施工することに発生する

施工費が別々に記載されている。材工一式だと金額の割合も

分からないですし、余分な請求をされていても分かりません。

② 工事内容が詳細になっているか

各工程ごとに金額がされているか。例えば足場代ではなく

架設足場代、養生シート代となっているかということですね。

また、塗料のメーカー名、商品名などが記載されていることも

大事です。

③ 塗装面積が㎡で表記され明確になっているか

外壁や屋根の塗装は塗る面積が基準でなければなりません

面積を表す単位でなければなりません。詳細のわからない

一式や敷地面積を表す建坪では外壁塗装面積は表すことは

できません。

④ 塗料名やメーカー名が記載されているか

シリコン塗料やフッ素塗料となっていると要注意です。

同じシリコンでも各メーカーによって機能、価格に差があります。

業者にカタログを用意してもらうようにしましょう。

⑤ 使用する塗料の量がメーカー規定で記載されている

塗装は三回塗りが良いとか手塗が良いなどのイメージがあるかと

思いますが。塗料の機能を生かすには決められた規定塗布量で

塗装するのが大切です。平たく言うとメーカーが決めた使用する

塗料の量です。この量を無視して塗装した場合塗料の十分な

性能を発揮する事はできません。ちなみに規定塗布量は

カタログに記載されています。

まだまだ、注意点はありますがこの5つのポイントに注意して

見積をとってみてください。

外壁塗装業者選びの3ポイント

外壁塗装の見積と並び失敗したくないのが業者選びでしょう。

見積に使用品名、メーカー名を記載してもらい、良い材料

納得のいく金額だったとしても、質の悪い業者だと全てが

水の泡ですね。しっかり準備したものの結局最後は職人の

技能が関係してくるわけです。なので業者選びの3ポイントを

ご紹介します。

① 有資格者が屋根・外壁の痛みの診断をしてくれる

見積を作成するのも施工前に材料を準備するのも業者が家の

痛みを正確に認識している必要があります。この痛みの認識を

するために必要なのが屋根・外壁の痛みの診断をする事です。

家の周りをぐるっと回ってすますような業者には要注意です。

「一級塗装技能士」や「外装劣化診断士」などの資格をもった

有資格者が診断をし家全体を診断し、痛みの発生部位を明確に

診断書に記載し提出する事ができる業者を選びましょう。

② 正しい契約書を書面で提示してくれるか

契約書はトラブルを防ぐ為にも必要な書類です。当たり前ですが

口約束は論外です。施工時の言った言わないのトラブルに

巻き込まれないようにするためにも詳細を記入した契約書を

かわしましょう。

③ 施工後の保証書・アフターメンテナンスがしっかりしている

工事保証やアフターメンテナンスは非常に大切です。施工直後は

問題なく見えても時間が経つと発生する不具合もあります。

そのようなときに保証書がない、一定の期間がたっても一度も

訪問してこないような業者では泣き寝入りするしかありません。

契約前に保証書やアフターメンテナンスの有無を確認しましょう。

 

塗装工事の下塗りの重要性

塗装工事で下塗りは絶対に必要です。下塗りの工程を飛ばして

どれだけ高耐候性の塗料を塗っても早い段階で剥がれが発生

してきます。その他の不具合の発生原因にもなります。

その為、塗装の下塗りは絶対に必要な工程といえるのです。

【下塗りが果たす4つのポイント】

① 外壁と上塗り塗料を密着させる。

上塗材には接着性がほとんどありません。そのまま塗ると

剝がれてきます。下塗りが上塗り材と外壁の間で密着性を高め

剥がれ不良の発生を防いでいます。

② 傷んだ外壁材に上塗り材が吸い込まれるのを防ぐ

新築から10年以上経った外壁は大小の亀裂が発生したり

表面が荒れてしまった外壁は水分をスポンジのように

吸い込んでいきます。下塗りを塗ることで吸い込みを無くし

上塗材を塗った時の色ムラ、艶ムラを防ぎます。

③ 上塗材の機能を向上させる

下塗りも上塗同様さまざまな機能があります。例えば遮熱性

防カビ性、高耐候性などです。お家の外壁や環境などに合わせ

塗り替えることで上塗材の効果を引き上げることができます。

④ 下地の色を隠すことできれいに仕上がる

下塗り材は現在の外壁の色をおおい隠す「隠ぺい性」を

持っているものもあります。例えば濃い色から淡い色に塗り替える

場合元の外壁の色が出てしまい思い通りの色にならない場合も

あります。元の外壁の色を下地で隠すことによってより綺麗な

仕上がりにすることができます。

 

是非、参考にしてみてください。

1 / 18012345...102030...最後 »

相見積り大歓迎!簡単!見積依頼はコチラ!|塗装業界で正確な図面から見積を無料で出しているのはプロタイムズだけ!|正確で根拠ある見積書しかだしません。適正価格や適切な塗装時期が丸わかり!|POINT①プロの診断士があなたのお家を徹底調査!診断士が解説を入れながらビデオカメラで劣化状況を撮影し記録します。劣化箇所がわかりやすいと好評です。POINT②調査・診断を元に建築用ソフトで「外装リフォーム図面」を作成し、塗装面積を計算。適正で根拠ある公示価格の見積書をお届けします。

個人情報の取り扱いについてはこちら

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織