静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

陸屋根が雨漏りする原因とは?メンテナンス方法と合わせて解説

こんにちは!

プロタイムズ静岡葵店です。

雨漏りが発生すると、安心して生活することができませんよね。陸屋根の場合も、できるだけこういったトラブルを防ぐために、定期的なメンテナンスをしていくことが必要です。

あらかじめ原因のなりやすい要素を取り除いて、良い状態が保てるようにしましょう。

陸屋根が雨漏りする原因

陸屋根は、雨漏りしやすいと言われることもありますが、その理由の一つに、屋根の形があげられます。

陸屋根は、屋根部分が平らになっているのが特徴です。おしゃれな雰囲気があるのも魅力で、なかにはこの部分を有効に使用していろいろ楽しんでいるような方もいるようです。

しかしながら、ほかの屋根と同じように雨漏りのリスクがあるので、注意しておきたいこともあります。一般的な屋根のように角度が付いているわけではないので、その分屋根に水が溜まりやすいといったデメリットもあります。

劣化や掃除不足が原因で、雨漏りにつながることも少なくありません。ある程度使ってきた建物の場合は、状態を把握するなど注意しながら使用することをおすすめします。

防水層の劣化によるもの

長く使ってきた建物は、どうしても劣化が気になってくるものです。陸屋根の雨漏りが発生した場合も、防水層の劣化が原因になっていることもあります。

防水シート部分が、鳥などによってダメージを受け、劣化していることも少なくありません。

このほかにも、紫外線や雨風によって防水層が傷み、防水機能が下がってしまうこともあります。知らない間に、防水層が破損しているために、雨漏りが発生することもあるので注意が必要です。

パラペットが劣化している

パラペットも、長い年月が経つと劣化が気になってきます。

パラペットとは、屋上のふち部分にあるわずかな高さがある壁のことです。陸屋根をぐるりと囲むように設置されていることが多く、これによって雨が建物に流れていくのを防ぐことができます。

パラペットが長い間紫外線にさらされることで、傷みが目立ってくるようになります。そこから中に水が入り込んでしまうと、雨漏りが発生します。

排水口に詰まりがある

四六時中、雨風にさらされる部分は、想像以上に汚れやゴミが溜まりやすいものです。飛んできた枯れ葉やほこり、小さなゴミなどによって、排水口が詰まってしまうことも少なくありません。

これによって、水はけが悪くなり、屋根部分に長時間水がたまってしまうことになります。この状態が続くと、雨漏りの原因になることもあります。

陸屋根は、屋根が平らな状態になっているため、一般的な屋根とは違って角度がないため、もともと水が溜まりやすくなっています。排水口をきれいに保ち、できるだけ水が留まるのを避けましょう。

陸屋根の雨漏りを防ぐ方法

雨漏りは、誰にとっても不愉快なものであり、できるだけ避けたいトラブルです。

日頃から注意していれば、防ぐこともできますし、雨漏りが起こったとしても早めに発見できたことで、被害を少なくすることができるかもしれません。点検や掃除なども、陸屋根の雨漏りを防ぐために大切なことです。

日頃から陸屋根の点検をおこなう

陸屋根の点検も、きちんと行うことをおすすめします。

屋根は、長時間、雨風、紫外線にさらされている部分であるため、劣化しやすいといった心配もあります。日頃からメンテナンスをしていれば、トラブルが発生した場合も早めに気付くことができるほか、速やかな対処もできます。

防水層とパラペットのつなぎ目は、しっかり見ておきましょう。サビなどの劣化や枯れ葉などが詰まっていないか、隅々まで確認するようにしてください。

また、笠木についても気になる点がないか要チェックです。補修したり塗装の塗り替えをすることで対処できることもあるのですが、場合によっては交換が必要になることもあります。

とくに、固定されている部分に注目して違和感がないか調べてみましょう。笠木部分が原因で、雨漏りすることが少なくありません。同じように谷樋も状態を見ながら、必要に応じて補修、塗装、交換して対応することになります。

いずれにしても、日頃から陸屋根の状態を把握しておくことは、雨漏りを避けるために大切なことです。早めに対応できることで、屋根を長持ちさせることができるほか、費用を抑えることも可能です。

防水塗装をおこなう

陸屋根に限ったことではありませんが、屋根や建物を守るためにも、それぞれの塗るタイミングに合わせて屋根塗装することが大切です。

これによって、見た目を良くするだけでなく、塗膜によって屋根や建物を守ることができるからです。

塗料の耐用年数が近づいてきたら、再塗装について検討しましょう。もちろん、何か気になることがある場合は、早めに塗装するほうが安心です。防水塗装をすでに塗っている建物であっても、長い年数が経っていると、その機能がうまく働かなくなるため、塗装してしっかり屋根を守るようにしましょう。

こまめな排水溝の掃除

陸屋根の排水溝は、こまめに掃除をしながら理想的な状態が保てるようにしておくことが必要です。

ゴミが詰まっていると、スムーズに水が流れません。水が流れずその場に長く留まるようであれば、その分劣化しやすくなります。また、排水溝のメンテナンスも必要です。状況などを見ながら、必要に応じて塗装が必要になることもあります。

雨漏りを防ぐ防水工事

防水工事を行うことで、陸屋根の雨漏りを防ぐことができます。いろいろな方法があるので、それぞれの特徴を理解して比較して判断すると良いでしょう。費用に違いがあるため、価格だけ見て判断する方もいますが、ほかの特徴も見て決めることをおすすめします

なぜなら、全体的に、費用が高くなるほど、耐用年数も上がる傾向があるからです。耐用年数が長いものを選ぶと、工事をする回数が減るため、結果的に経済的になる場合も少なくありません。

シート防水

塩化ビニール製の防水シートを貼ることで、雨漏りを防ぐことができます。

ただし、すべての陸屋根に対応できるものではなく、凹凸があるなどシートが貼りにくい状態では、この方法を選ぶことができません。

選択できる場合は、短期間で施工ができるほか、耐用年数も10年~15年程度と長いといったメリットがあります。費用の目安としては、1㎡あたり10000~15000円くらいです。

アスファルト防水

アスファルトが使用された防水材を用いて行われる方法で、日本でも多く見られるものです。

最大の魅力は、耐久性が強く長持ちすることと、丈夫で腐食しにくい点です。長持ちするため、場合によっては20年以上良い状態を保てることもあります。

「常温工法」、「トーチ工法」、「熱工法」があり、それぞれに特徴があるので、比較して判断すると良いでしょう。費用の目安としては、1㎡あたり10,000~20,000円くらいです。

FRP防水

FRP防水とは、繊維強化プラスチックを使用して行う方法です。衝撃に強く、軽量であることがメリットで、人が歩くことが多い場所にもおすすめです。費用の目安は、1㎡あたり7,000~10,000円くらいです。

陸屋根の雨漏りを防ぐためにメンテナンスが大切

一般的な屋根とは異なり、平らになっているのが特徴の陸屋根は、水が溜まりやすい傾向があります。防水層やパラペット、排水口などの状態をチェックしながら、気になることがある場合は早めに対処するようにしましょう。防水工事を行う場合は、いくつか種類があるので、比較しながら合っていると思うものを選んでみてください。

人気記事