静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

アスファルトルーフィングとは?種類や特徴・選び方を静岡市の屋根専門業者がくわしく解説

アスファルトルーフィングとは?種類や特徴・選び方を静岡市の屋根専門業者がくわしく解説

静岡市、島田市の皆様こんにちは。

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理の専門店、

株式会社あおば工房、プロタイムズ静岡葵店・プロタイムズ島田店

代表取締役の後藤です。

皆様は屋根材の裏に敷かれているアスファルトルーフィングというシートをご存じでしょうか。このシートは防水紙とも呼ばれ、屋根材では防ぎきれなかった雨水から建物をまもる重要な役目をもっています。

そのため、もし屋根の張り替えを検討しているのであれば、屋根材だけでなくアスファルトルーフィングの種類も吟味したいところです。

そこで今回のお役立ちコラムでは、アスファルトルーフィングについての詳しい情報や特徴、選び方などについてお話ししていきたいと思います。

問い合わせフォームアイコン

アスファルトルーフィングって何?

アスファルトルーフィングって何?

アスファルトルーフィングとは、アスファルトでできたルーフィングのことです。ルーフィングは、防水紙や防水シート、下葺材(したぶきざい)とも呼ばれ、屋根材の下に敷かれる防水を目的としたシートです。(語源はroof(屋根)からきています)

アスファルトルーフィングが一般的になる前は、塩化ビニールのルーフィングが使われ、古くは杉皮なども使用されてきました。屋根の表面にきている屋根材も雨風からまもるために取り付けられていますが、屋根材の隙間に雨水が入り込むこともあります。

その入り込んだ雨水から建物をまもってくれるのがアスファルトルーフィングです。基本的にルーフィング無しの住まいはほとんどなく、ほとんどの屋根材の裏に敷かれています。

▼合わせて読みたい▼

入母屋の屋根をリフォームする方法|屋根の種類を知ろう

寄せ棟屋根ってどんな屋根?屋根の構造で家の風格を楽しもう

屋根片流れのメリットやデメリットは?静岡市・島田市の屋根修理専門店がくわしく解説いたします!

アスファルトルーフィングの種類や特徴

アスファルトルーフィングの種類や特徴

続いてアスファルトルーフィングの種類や特徴を紹介します。今まで使用していたアスファルトルーフィングに不満がある方は、より高機能なものを選ぶとよいでしょう。

①アスファルトルーフィング(アスファルトルーフィング940)

もっとも一般的なアスファルトルーフィングで、混ぜ物などはなくアスファルトを紙や不織布にしみこませただけのものを指します。特別な機能は備わっておらず、もっとも安いアスファルトルーフィングとして知られ、建築業界ではアスファルトルーフィング940とも呼びます。

耐用年数は10年位なので、ちょうど屋根の塗装が寿命を迎える頃にアスファルトルーディングも交換の時期を迎えるでしょう。ですので、屋根塗装の塗り替えをするならば、アスファルトルーディングも一緒に交換することをオススメします。

②改質アスファルトルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング)

改質アスファルトルーフィングは、元となったアスファルトルーフィングの耐久性の短さを克服したものです。アスファルトにゴムや合成樹脂、プラスチックやポリマーなどを混ぜており、耐用年数は20年と倍近くになっています。

多くの住宅で使われている屋根材の寿命は20年くらいなので、屋根材と一緒に交換するのが一般的です。単に耐用年数が長いだけでなく、ゴムのように破れにくく柔軟性があるので、わりと人気があります。

アスファルトルーフィング940よりも1つ上のグレードを求めている方にオススメです。

問い合わせフォームアイコン

③粘着層アスファルトルーフィング

粘着層アスファルトルーフィングは、②の改質アスファルトルーフィングを改良したもので粘着性があります。この粘着層があるおかげで接地面と密着させやすくなるのが特徴です。

屋根材にヒビや剥離がある場合、アスファルトルーフィングの設置は難しくなりますが、粘着層があればしっかり設置できるので、アスファルトルーフィングの機能を十分に活かすことができます。

中には、1度張った後も張りなおすことができる遅延粘着型の粘着層アスファルトルーフィングもあります。いずれにしても、新築や屋根材のみを交換するのであれば、粘着層アスファルトルーフィングではなく、改質アスファルトルーフィングで十分でしょう。

④軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング)

高分子系のルーフィングは厳密にはアスファルトルーフィングではありません。アスファルトの代わりに合成樹脂が使われており、アスファルトルーフィングよりもとても軽いことで有名です。(重さは3分の1程度です)

ルーフィングを軽くするメリットは、建物にかかる負荷を軽減し長持ちさせることです。屋根が軽ければ、地震の揺れによるダメージも軽減できるので、地震対策にも有効といえるでしょう。

ルーフィングだけでなく屋根材も軽いものに代えてしまえば、さらに建物にかかる負荷が少なくなります。耐用年数は改質アスファルトルーフィングとおなじくらいで、20年くらいもちます。

⑤透湿防水ルーフィング

透湿防水ルーフィングは、ルーフィングとしての機能をもちつつ、屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えています。

アスファルトルーフィングが劣化する最大の要因は、アスファルトルーフィングの内側に蓄積されていく湿気ですが、この湿気を逃がす機能が備わっているので、とても長持ちします。

耐用年数は50年とかなり長く、1度透湿防水ルーフィングを設置すれば次は半世紀後の交換です。

問い合わせフォームアイコン

アスファルトルーフィングの選び方

アスファルトルーフィングの選び方

アスファルトルーフィングを選ぶ上で耐用年数は無視できません。アスファルトルーフィングを交換するということは、必然的に屋根材も剥がすことになるので、屋根材の交換とおなじ時期に張り替えてしまうのがベストです。

ですので、屋根材と同等かそれ以上の耐用年数をもつアスファルトルーフィングを選びましょう。

ちなみに屋根材の寿命は屋根塗装にどんなものを使うかでも大きく変化します。つまり、アスファルトルーフィングを吟味するなら、屋根材と屋根塗装も一緒に考えてバランスを取るのがよいでしょう。

これらの選択を1人で悩む必要はないので、業者と相談して何が最適か決めていくことをオススメします。

アスファルトルーフィングの価格

名前 1平方メートルあたりの値段
アスファルトルーフィング 200円程度
改質アスファルトルーフィング 350~500円程度
粘着層アスファルトルーフィング 600~750円程度
軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング) 700~900円程度
透湿防水ルーフィング 500~700円程度

上記の値段は変動しやすいため、あくまで参考程度にお考えください。ちなみに平均的な戸建住宅の場合、屋根面積は80~100㎡といわれています。ですので、改質アスファルトルーフィングの材料費は約3万から5万円程度です。

もっとも安いアスファルトルーフィングでも約2万円ほどです。どうせ交換するなら耐用年数が20年以上になる改質アスファルトルーフィングか、それより上のグレードをオススメします。

問い合わせフォームアイコン

屋根塗装に使われる塗料とは

屋根塗装でもっとも一般的な塗料はシリコン塗料です。耐用年数は7年から15年程度といわれています。それよりも耐用年数が長くて有名なのはフッ素塗料やセラミック塗料、無機塗料などです。

フッ素塗料は耐用年数が12~20年程度で、汚れや熱に強いことで知られています。セラミック塗料は耐候性が高く、厳しい環境に最適です。(ベースとなる塗料によって耐用年数が変わります)

無機塗料はとにかく耐用年数が長く、最大で25年ほどもちます。紫外線や雨風だけでなく、塩害にも強いですが、とても高価な塗料です。

屋根塗装はもっとも外側で家をまもる第1の壁であり、屋根材やアスファルトルーフィングの交換と比べれば、塗り替えも簡単です。

ですので、屋根材とアスファルトルーフィングは20年おきに、屋根塗装は10年おきくらいに塗り替えるとよいでしょう。屋根塗装を行うときは雨漏り診断士や外壁劣化診断士などに家を調べてもらうと安心です。

▼合わせて読みたい▼

超低汚染塗料とは?汚れない塗料の必要性と活用方法

遮熱塗料のメリット・デメリット:静岡市と島田市の家に最適な選択は?

アスファルトルーフィングを使った屋根の葺き替え工事ならあおば工房におまかせください!

アスファルトルーフィングを使った屋根の葺き替え工事ならあおば工房におまかせください!

屋根の葺き替えは、家を守るための重要な工事の一つです。プロタイムズ静岡葵店・島田店/あおば工房では、お客様のニーズに合わせたアスファルトルーフィングの選択から施工まで、一貫したサービスを提供しています。アスファルトルーフィングは、その耐久性や機能性によって多様な種類がありますが、どれを選べば良いか迷うこともあるでしょう。

当社では、単純なアスファルトルーフィングから改質アスファルトルーフィング、粘着層付き、軽量型、さらには透湿防水タイプまで、豊富なラインナップを取り揃えています。また、屋根塗装に関しても、耐用年数や機能性を考慮した上で、シリコン塗料からフッ素、セラミック、無機塗料といった高品質な塗料の選定をサポートします。

屋根材の選択や屋根塗装の種類によって家全体の耐久性が大きく左右されるため、単にアスファルトルーフィングの交換だけでなく、これらの要素を総合的に考慮することが重要です。あおば工房では、これら全ての面から最適な提案を行い、お客様の大切な家を長期間守り続けるためのサポートを致します。

屋根の葺き替えを検討されている方は、ぜひ一度、プロタイムズ静岡葵店・島田店/あおば工房までご相談ください。専門知識を持ったスタッフが、丁寧にご説明し、お客様のご要望に合った最適な屋根の葺き替えプランをご提案致します。安心して任せられる屋根の葺き替え工事を実現するために、あおば工房が全力でサポートさせていただきます。

▼合わせて読みたい|現在開催中のキャンペーンはコチラ▼

【静岡市・島田市の外壁塗装専門店】春の家族応援キャンペーン開催中!|塗装でお家の美観を美しい彩に

 

問い合わせフォームアイコン

静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・菊川市・ 御前崎市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店

プロタイムズ静岡葵店・島田店(株式会社あおば工房)
フリーダイヤル:0120-108-559

人気記事