静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

50年以上使用可能?!高耐久なALC外壁の特性とメンテナンスについて

プロタイムズ静岡葵店 ㈱あおば工房の服部です。

ALC外壁は、定期的なメンテナンスによって50年以上使用することも可能な高耐久な建材です。しかし、メンテナンスを怠ると、その耐久性は1/4程になってしまうこともあります。

今回は、ALC外壁の特性と長持ちさせるためのメンテナンスについてご紹介いたします。

 

■ALC外壁を長持ちさせるためには、定期的な塗装が必須

 

ALCの外壁材には防水性がなく、塗装よって水が浸透するのを防いでいます。そのため、新築の際にも、工場で製造したALCを外壁に設置した後に必ず塗装をします。

その塗装は、時間の経過とともに劣化し、防水性が失われていきます。そのため、塗装による定期的なメンテナンスが必要になります。

 

■ALC(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)の特徴

ALCの外壁材は、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」といいます。主成分はセメントで、かつ無数の気泡があいていることもあり、雨水や湿気を吸収しやすい素材です。

50年以上使用することも可能と言われる非常に耐久性の高い外壁材です。重さはコンクリートの約1/4、耐震性が高い、(気泡に空気が含まれるため)断熱性が高い素材です。耐火性、遮音性にも優れています。

 

■塗膜の劣化によるリスク

防水性が失われたALC外壁に水分が浸透しはじめると、急速に劣化が進行します。外壁に浸み込んだ水分は、徐々に内部へと浸入し、雨漏りやカビ、シロアリなどの発生、駆体の腐食に繋がる可能性があります。

 

■塗装のタイミングを見極める3つの方法

1.前回の塗装に使用した「塗料の耐久年数」を参考にする

新築の場合でも、ALCを設置した後、仕上げに塗装を施していますので、その時に使用した塗料の耐久年数が参考になります。

 

<前回使用した「塗料の耐久年数」を調べる方法>

前回の塗装工事の資料を確認する。

・新築・中古で購入した場合は、購入時の資料を確認する。

 

資料が見つからない場合

・「塗装工事を担当した業者」や「家の購入先」などに問い合わせる。

使用した製品がわかる場合

・塗料メーカーのホームページを確認する。

・塗料メーカーに問い合わせる。

 

※建物がおかれている環境などによって、塗料の耐久年数よりも早く、または遅れて塗装のタイミングとなることもあります。

 

2.外壁の劣化の状態を確認する

以下のような劣化症状がないかを確認する。

・チョーキング現象

※紫外線や熱、風雨などの影響で、塗装表面の樹脂が劣化し、塗料に含まれている顔料が、外壁の表面にチョークの粉のようになって出てくる現象です。外壁に触れると、手に粉が付着します。

・塗膜表面のひび割れ

・色褪せ

・カビ、苔などの発生

※部分的な発生で、発生後間もない場合は、洗浄によって除去するだけで問題がない場合もあります。

・塗膜の膨れ

・シーリングの亀裂

 

<深刻な劣化症状>

・外壁材自体のひび割れ

・塗膜剥離

・外壁材の滑落、欠損

・シーリングの破断(下地のバックアップ材が見えている状態)

・シーリングの界面剥離(外壁との接着面から剥れている状態)

 

上記のような深刻な劣化症状が見られる場合は、塗装以外の補修が、水分が建物の内部に浸入してしまうと、内部の補修もとなる可能性があります。

 

3.塗装業者に建物の診断を依頼する

塗装業者の多くは、外壁の状態の診断、見積りまでは無料で対応します。

劣化の箇所を探し、どのような状態なのか報告してもらうことができます。チョーキング検査、吸水検査、ルーペよる塗膜の確認、打診棒による外壁内部の確認など、専門的な視点から劣化の状態、塗装のタイミング、予算の目安などを確認することができます。

 

■ALC外壁の劣化を防ぐためには、定期的なシーリングの補修も必要

シーリングとは、パネルとパネル、パネルと窓の接合部に使用する材料のことです。継ぎ目から水が侵入するのを防ぎ、揺れから建物を守る役割を担っています。

※シーリングのことをコーキングともいいます。

 

シーリングも塗装と同様に、経年劣化、紫外線劣化による硬化、ひび割れなどの症状が現れ、防水性能が失われていきます。そのため、定期的に補修する必要があります。

 

防水性能が失われたシーリング箇所から浸入した水分は、ALC外壁に染み込みます。すると、塗装の劣化と同様に外壁材の劣化の進行、雨漏りやカビ、シロアリなどの発生に繋がります。

 

 

屋根・外壁の塗り替えに関するお悩みなどあれば、

お気軽にお問い合わせください。

 

静岡市の外壁・屋根塗装専門店

株式会社あおば工房

 

 

 

人気記事