静岡市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ静岡葵店・島田店におまかせください

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社あおば工房 静岡葵店
島田店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-108-559
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)

フリーダイヤル0120-108-559

スタッフブログ

「タスペーサー工法」について

プロタイムズ静岡葵店 あおば工房の後藤です。

今回は、平版スレート屋根に施工する「タスペーサー工法」についてご紹介いたします。

平板スレート屋根の塗装においては、水の通り道を確保して、塗膜の隙間から入り込んだ水が流れ出るようにする必要があります。従来は「縁切り」という作業によって、スレートの隙間を塞いでいる塗料の塗膜を取り除いていました。「縁切り」とは、塗装後に塗料が乾くのを待ってから、カッターや皮スキなどを使用して硬化した塗料の塗膜を取り除く作業です。

近年は多くの場合、その「縁切り」の代わりに「タスペーサー工法」が採用されています。「タスペーサー工法」とは、塗装の前にスレートの重なり部分に「タスペーサー」という部品を挿入し、適切な隙間と通気性を確保する工法です。

 

■タスペーサー工法の特徴

・平板スレート屋根工事の工程と作業時間を減らすことができる。

・簡単な操作で確実に隙間と通気性の確保ができる。

・隙間と通気性を確保することによって、雨漏りの原因となる雨水の侵入を防ぐことができる。

・費用を抑えることができる。

・塗装後に屋根に上がる必要がないため、足跡やキズ・破損のリスクを大幅に減らすことができる。

・「タスペーサー」が挿入されていることがはっきりと確認できる。

・「タスペーサー」は、塗装となじみ目立たない。

 

■「タスペーサー」の効果と安全性

・メーカー外部の検証機関によって検証が重ねられ、その効果と安全性が実証されている。

・毛細管現象による雨水の吸い上げを起こりにくくすることができる。

・強風でも飛散しない。

 

■「縁切り」や「タスペーサー」が不要なケース

・スレートの重なり部分に4mm以上の隙間がある場合

※「タスペーサー」が必要かどうかは、施工店に確認しましょう。

 

屋根、外壁の塗り替えに関するお悩みなどあれば、お気軽にお問い合わせください。

静岡市・島田市の外壁・屋根塗装専門店 株式会社あおば工房

人気記事